Move

ホットヨガに科学的根拠なし

ホットヨガの効果に科学的根拠はないと、私は考えます。これは、2018年9月時点での私の個人的な考えです。 むしろ健康へのマイナス面のほうを心配すべきだと思います。

デトックス効果はない

まず、「ホットヨガをすると汗がたくさん出るため、デトックスできる」という説がありますが、これは根拠が極めて乏しいといえるでしょう。

汗をかいても毒はあまり出ない

人間の毒素排出の中で、汗が占める割合は3%以下だと言われています。

汚染物質の排出に関していえば、最近の調査ではわずか「0.02%」だけということが分かりました。カナダのオタワ大学の運動生理学者パスカル・インベルト氏は学術誌「Environment International」に、研究結果を発表しました。それによると、「普段の食生活で体内に取り込む汚染物質のうち、汗で出る量は0.02%。さらに運動を激しくしたとしても、0.04%程度までしか増えない」といいます。

そもそも、汗のほとんどは、水と塩分でできています。

便や尿が圧倒的に大事

これに対して、便は毒素排出の75%、尿は20%を占めています。いくら大量に汗をかいても、デトックスの効果は極めて薄いということです。

デトックスをしたければ、便秘をなくして、便をスムーズに体を排出することが何より大切です。それと、腎臓と肝臓の調子を整えて、解毒機能をしっかりと保つことでしょう。

痩せる効果は少ない

米コロラド州立大学が2014年に行った研究では、ホットヨガに痩せる効果はわずかであるとの結論が出ました。

研究を行ったらのブライアン・トレーシー教授らのチームです。

米国で最も人気があるホットヨガ「ビクラム・ヨガ」を8週間やったところ、体重の減少はゼロではないが、たいへん小幅だったといいます。

http://time.com/2967716/you-asked-is-hot-yoga-good-for-you-and-for-weight-loss/

暑苦しいなかで、ハードなポーズに耐え抜くわりには、痩せる効果が乏しいということです。

冷え性

ホットヨガをすると、冷え性が解消されると考えている人が多いようです。

しかし、それは「冷え性」が治るのでなく、一時的に体が温かくなる、ということでしょう。

つまり、体質が変わって、冷えにくくなるというわけではありません。

むしろ、急に熱い部屋に閉じこめられることで、本来私たちの自律神経が持っている「体を温める」という機能が低下する恐れがあります。そうなると、冷え性がさらに悪化する可能性があるということです。

冷え性を改善したいなら、筋力トレーニングで筋肉を増やして、熱をたくさん作れる体質にしたほうがいいです。

それと、常温の環境で運動を行って、血行を改善したほうがいいです。

健康に悪い面も

健康にダメージを与える悪い面も指摘されています。

ニューヨーク市立大学のファラード・カーン(Fahad Khan)准教授は、「脱水症状」のリスクを強調します。また、体温調整システムが崩れるという危険性も指摘しています。